読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成人自己申告制

最近はテレビ見なくなりました。成人式でこんなことがありました的なニュースも一度も見なかったんですが、今年もいろいろあったんでしょうか。

 

成人式の乱れを解決する方法なんて考えたこともなかったのですが、階級別に開催というアイディアが書いてあるブログを読みました。

 

成人式が荒れる原因は、偏差値によって分断された社会を、もう一度一緒に集える機会を設けてしまったことで、逆襲のチャンスになってしまっているという点が、本当の本質でありまして、ですから、これを防ぐには、成人式を階級別に開催するしかないと考えるわけです。 | 大石哲之ブログ

 

階級の分け方は明言されていませんが、例えば偏差値のようなもので分けると。でも、まぁ、勉強ができるかどうかが大事でもないでしょうから、何かしらの大人度をはかる方法があればそれを採用すればいいということなのでしょう。

 

問題を解決するにはアリかもしれないなと思いました。でも、地方公共団体が行うイベントで階級別にするというのはなかなか難しそうです。身分差別とか言われそう。そうすると、それぞれの階級で自治的に式を起こして地方公共団体資金援助する形になるのでしょうか。なんだかうまい方法がイメージできません。

 

うまく改善できないから成人式自体をやめちゃえばいいという人たちがいるのも納得です。

 

思い返せば、大学で故郷とは離れたところに住んでいたのに、わざわざ成人式のために1泊2日で帰ってまで参加したけど、これといって特別なことはなかったような。

でも、市長の言葉とかで少しは引き締まったかな。同級生のかわいい子と話せて良かったかな。まぁ、その程度か。無くても良かったかな。

 

成人式の起源は元服だということのようですので、自己申告制にしたらいかがでしょう。ある年齢に達したとき、成人宣言をすると。そこに式とかパーティとかはやりたい人だけやればいいのでは。

 

成人宣言によって、大人として扱われるようにするのです。

一生、未成年でいたい人はそれでいいと思います。

 

年齢を重ねてても未成年だからって理由である程度許してもらえる代わりに、自分の意思で結婚もできないし、お酒も飲めない。投票なんかもできない。ローンの契約なんかもできない。クレジットカードも作れない。他にどんな制限をかけるのがいいのかわからないけど、運転免許とか制限してもいいかもしれない。

大人ならできることを制限して、少しでも早く大人になりたいと思わせるように。

 

何かやってもある程度許してもらえるけど、繰り返すようならどんどん制限をきびしくするんでしょうね。子どもに対する躾ですから、ある程度の罰は仕方ないかと。(体罰ではない。)

 

ずっと未成年でいることが得するようにしないように気を付けるだけでだいたいうまくいくんじゃないかと思うんですがどうなんでしょう。

(まぁ、いろいろ法改正は必要そうだから大変だろうなぁ・・・というか無理か。)

 

 

 

 

・・・ここまで書いて、初めて google 検索してみると、似たようなことを書いている人はやはりいるものですね。ということで、実現するメリットが少ないからそうなってないんだろうけど、そんなに悪い意見でもないなということで自己完結しておきます。