読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッカソンは有料? からの、優勝賞品の扱い。

昨日(2/28)、とある記事を読んだ。

 

はてなブックマーク - 勉強会・ハッカソン運営者の皆様、参加には料金とるか審査制にしてください - ボクココ

 

変な人がいるから、有料または審査制にしましょうという主張。わからないでもないけど、有料/審査で初心者・部外者は来なくなる人が多い。結果、コミュニティは小さくなるし人材も育ちにくいと個人的には思う。

 

この主張は、あるトラブルに巻き込まれて大変だったということをきっかけにしているようで、世の中に変な人がいるんだなぁ程度に思って読みました。

----------------- 以下、ボクココさんの「ハッカソンは要注意」から引用 -----------------

 私は一昨年、ハッカソンに参加して色んな仲間ができた。そんな中で、そのとある人に出会ってしまい、一つのプロダクトを作った。今ではとんでもない騒動に発展してしまった。

以下に書くのは私がハッカソンで実際に起きた実話だ。この機会に色んな人に知って欲しいと思い、勇気を出して書くことにする。

事の発端は、その"ある人"を含めたチームがハッカソンで優勝したことから始まる。優勝賞品はシリコンバレーツアー。"3か月後のツアーまでにプロダクトを作ってそのプロダクトでシリコンバレーでピッチができる" というものだった。当時のチームに所属していたエンジニアはシリコンバレーへ行けるのに辞退したらしい。後で話を聞くと、"あの人と1か月間もプロダクト開発をしたくない" という理由だったそうだ。その時点でアイディアだけある状態でプロダクトはなし。そこで私に声がかかったのだ。シリコンバレーに行けるということで私は1か月間頑張ってプロダクトのほぼ全てを開発し(これが間違いだった)、ツアーでは無事そのプロダクトでピッチをして旅を終えることができた。そこでの旅費はハッカソンの賞金の範囲内で収まるように、みんなで宿泊先や飛行機代などを計算していた。 悪夢はそこからだ。ハッカソンの景品である旅費を、主催者がそのとある人に全額ふりこみ、あとはよろしくと全て丸投げしたのだ。すると、その人は態度を急変し、私たち(チーム4人)にシリコンバレーツアーの旅費を支払えと命令してきたのだ。全くもって理解不能だし、旅費を支払うなんて帰国するまで全く話をしてこなかったのに、払うのは当たり前だという態度で私にしつこく連絡するようになってきたのだ。関わらないようにできるだけ無視したけど、しまいには職場や家族にまで連絡するようになり、他の勉強会では私がまるで悪者かのように他の参加者にプレゼンを作って言いふらしている。そして現在まで続いている。私はできるだけ関わらないように続けている。

こんなことが実際に起きるのだ。この問題は今でも続いている。ぜひハッカソン運営者はこういうことが起きることを知って欲しい。このことで私は辛い日々を過ごしている。

同じような悲しみが現状では再発する危険がある。

その根本が、ハッカソンや勉強会に誰でも参加でき、無料で懇親会に参加したり景品が出ることにあるのではないか。

----------------- ここまで -----------------

 

 

 

本日(2/29)、この話の相手と思われる人の Facebook のコメントを読んだ。

https://www.facebook.com/jinichii?fref=nf

----------------- 以下、「Jinichi Ishizaki」さんのFBから引用 -----------------

去年、ハッカソンで優勝してシリコンバレーに行きました。その時、優勝メンバーでない部外者の「ある人たち」がどうしても、シリコンバレーツアーに参加したいと言ってきたので、旅行のメンバーに入れてあげたのが失敗でした。私が旅費を一人あたり約20万円建て替えてあげました。

また、根本的に技術力がない人たちでリリースまでできるシステムの構築は不可能で動くものを納品することができず、リリースできませんでした。また、隠れてパクリアプリをリリースしていました。
旅行から帰ってきて「ある人たち」に旅費を請求すると「自分は優勝メンバーであるから、権利がある旅費を払わない」と言いだしました。優勝メンバーでない部外者なのに自分は優勝メンバーだと主張するのはちょっと理解できません。弁護士を交えての話し合いも拒否されている状況です。ある人の連絡先を知っている方、弁護士を交えての話し合いを提案して欲しいです。解決に繋げた方には謝礼を払います。

----------------- ここまで -----------------

 

 別の案件かもしれないけど、昨日の今日で内容も酷似。この人たちの問題として見て間違いなさそう。気になるのは事実のずれがあること。

 

Jさんのチームがハッカソンで優勝。賞品でシリコンバレーツアー決定。

Bさんはメンバーではなかったが、このツアーに参加。

 

Bさんの主張:アイディアだけ状態で、開発のために頼まれて参加。

Jさんの主張:開発力ないくせに、希望して参加。

 

で、旅費の問題。とりあえずJさんが支払っていることは間違いないらしい。

Bさんの主張は、優勝メンバーが辞退して自分が入って開発したのだから、その旅費をあてるべき。

Jさんの主張は、優勝メンバーじゃないから賞品をもらう資格ないから立替で請求は当然。技術力無くて納品もきなかったし。

 

技術力のあるなしは詳しい事情が分からないから他人は踏み込めない。ハッカソンの案件で厳密な仕様書なんてないだろうし。でも、2人とも第三者に公開して主張。目的は何だろう。きっと自分が正しいというアピールですよね。(じゃなかったら、相手と直接話し合うことをしたくない/できないから、公開にはなっているけど単純に相手へのメッセージなのかな?)

 

さて、出来上がらなくても一緒にある程度まで開発したことは事実みたいだから、「やった」というラインをどこに引くかという問題で当人同士で合意するしかなさそう。いや合意の必要はないのかもしれない。他の商売でも事実の認識が違っていても、お互いが納得してれば、事実確認で合意する必要はないし、あとは双方各自で納得するだけのような気もする。

 

旅費は微妙ですね。Jさんは数人分の旅費をもらっているということみたいなので、その扱いをどうするかというのは気になりますが、それは優勝メンバー同士の話でBさんには関係ない気がする。

 

そうすると、どういう経緯でツアーに行ったかという話で、どちらからお願いしたとかいうよりも、立替という説明をしたかということで、どうもその辺があやしそう。というかうやむやなまま行っちゃったわけですね。

 

自分がJさんの立場だと、トラブルが起こって相手方に無視されるというのはちょっと。ただ、Bさんの立場で、Jさんが面倒くさい人の場合、相手するだけ時間の無駄という考え方もわからないでもない。

 

でも、(弁護士を通して)話し合いましょうとしているのが本当なら J さんの方が筋が通っている気がする。Jさんは Facebook で本名(のはず)であるのに対し、Bさんは素性を明かさないブログでの主張というところで、Jさんの方が正しい人であってほしいと願っているのかもしれない。